福祉の分野では、職員の人材不足が問題となっています。高齢者の介護を行う介護福祉士の人手不足が頻繁に叫ばれる中、他の分野でも人手不足が深刻化しています。福祉の仕事である保育士も、社会の中で人をサポートする役に立つ仕事です。小さな子供たちの面倒を見て、教育する役割を担う責任とやりがいがある仕事です。近年共働きの家庭が増えたこともあって保育施設を利用する人は増加していますが、利用したいと思う人に対して受け入れ先の保育施設の数が足りていません。保育施設が中々増えないことには様々な社会的な要員がありますが、その中でも問題となっているのは保育士の人材不足です。保育スタッフが不足しているために、保育園などの施設の拡充にも限界があります。保育サービスを充実させ、市民の期待に応えるためには、保育の職種で働いてくれる人材を確保しなければなりません。

問題解決のためには、まず保育の仕事のすばらしさについて、多くの人に知ってもらう必要があります。保育園と接点がないと、その仕事の重要性について見逃しがちです。このことから、保育園と地域の人たちとの交流の機会を増やすことで、保育士として仕事を始めてみたいと考える人が増やせせるかもしれません。保育園と地域の交流を図るイベントを積極的に開催することは、有効な手段の一つと言えます。また、保育園から情報発信することで、保育の仕事を人々に知ってもらえます。一方で地域の人々も、保育の現状に関心を向ける必要があります。子供たちは、将来社会を支える重要な存在であり、その育成は身近な課題です。他人事でなく、地域の人々全体が保育士の人材不足の解決に取り組むことが大切です。