福祉の仕事と一口に言っても、その中にはいろいろな職種があります。まず代表的なのが、介護士です。介護士は基本的には誰でもすぐになることができる職種だと言われています。なぜなら、末端の介護士になるためには何も資格などが必要ないからです。高校卒業程度の実績があるなら、すぐにでも介護士として働くことができるのです。ただ、もちろん上位資格は存在しています。介護福祉士というのがその一つで、これは一定の現場経験を積まないとなることができない国家資格です。この資格があれば、同じ仕事をしていても給料が月数万円よくなります。年収アップに直結する資格なので、まずはここを目指す人が多いです。

専門学校に通うことで、作業療法士になることもできます。これは通常の介護士とは違って、むしろ看護師などの医療職に近い職種です。病院をステージにして働くことができる福祉系の仕事でもあるので、介護士よりもさらに一段上の待遇が期待できるものです。ただ、こうした資格を取得することのできる専門学校は、年間の学費が150万円以上になるケースもあります。初期コストはかかってしまうので、その点にだけは注意が必要です。他にも、介護相談員やケアマネージャー、言語聴覚士など、世の中には数多くの福祉に関わる仕事があります。どれを選ぶかは、年収や仕事内容、自分の適正などを総合的に考えてから決めるといいでしょう。どちらにせよ、福祉に関わる仕事はやりがいが感じられるものばかりです。